2010.10.30 H22年組合ニュース第1号


一:中部農産振興事業協同組合情報

1 H22年9月1日中部農産振興事業協同組合設立総会を開催しました。
  総会では定款や事業計画、役員選挙などを含めた10の議案が議決されました。

2 組合の事務所など
  本組合の事務所所在地:〒502-0916 岐阜県岐阜市西中島5丁目3番15号
  事務所電話番号:058-295-1880
  事務所FAX番号:058-295-1892
  代表理事の携帯電話番号:080-3212-9156
  E-mail: smrg★capc.or.jp(★を@に変えてください)
  URL: http://www.capc.or.jp

3 業務内容
  ①農産物、園芸資材の共同売買及びその斡旋
  ②経営及び技術の改善のための教育情報の提供
  ③中国園芸情報の発信
  ④組合員の福利厚生に関する事業
  ⑤前各号の事業に附帯する事業

二:来年度前半期組合活動の予定について

組合の活動につきましては、できれば組合員皆様のニーズに合わせ計画を立て、実行したい考えです。
皆様の積極的なご意見をお待ちしております。今のところ、候補として取り上げられているのは下記の通りです。
 ①H23年2月上旬まで組合総会の開催、同時にセミナーを行う。
 ②1月下旬中国南地方の切花生産、野菜生産地と上海農産物市場などの視察。
 ③2月下旬頃上海、大連、江蘇省、広東省などのところで農業資材の市場調査。
 ④4月頃、広州交易会、上海園芸展示会、西安園芸博覧会などを見学。
 ⑤夏頃から共同購買、販売として資材の輸入を行う。

三:設立総会と講演会の会場、その他

組合の設立総会終了後、米村花きコンサルタント事務所の米村浩次先生から講演が行われました。
講演のテーマは中国における園芸分野の生産状況と市場状況でした。

組合の設立総会にて参加者の皆様に挨拶をしている発起人代表-有限会社アジア園芸事業の社長 組合設立総会にて議案の詳細を説明している場面 講演会にて「中国における園芸分野の生産情況と市場状況」のテーマで講演を行っている米村先生

 

本ホームページに設置されている「お問い合わせ」メールを活用し、
組合の活動や組合に対する要望、質問事項などどんなことでもよいので、お気軽にご記入して下さい。